artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

大人のためのアートスクール。

速水御舟の全貌-日本画の破壊と創造-

3095

受付横に沢山の展覧会のチラシを置いていますが、「速水御舟」が埋もれていたことに気づきました。明治から昭和初期に活躍した御舟は、当時日本画には少なかった写実的な表現を行うなど革新的な日本画家として知られています。(後年は装飾的・抽象的表現に移行)日本画の未来を担う画家として横山大観をはじめ数々の画家に賞された御舟ですが、40歳と若くして亡くなっています。真鍋コーチに御舟についてを尋ねてみたところ、「御舟は一言で語れないですね。誰でもパッと分かる上手さでは無いので、、、。少し玄人向きな気がします。」とのこと。早世&もともと気が乗らないと絵を描かないタイプの画家であったことに加えて、関東大震災による消失で御舟の現存する作品は600点余りと言われています。そのうち120点は山種美術館に所蔵されているそうです。今回はそのうち初期から晩年の作品(重要文化財を含む)80点を公開するそうなので、興味のある方は是非。

【開催期間】10/8(土)~12/4(日)
【開催場所】山種美術館