artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

大人のためのアートスクール。

Vol.4 イラストレーターが使う道具_デジタル編3/3-2 アプリケーション

vol4イラスト道具デジタル篇3-2

前回に引き続き今回はPCにインストールして絵を描く「アプリケーション」についてです。

<ペイントツールSAI>
株式会社SYSTEMAXが販売するwindows専用のアプリケーション。絵を描くことに特化したアプリケーションで、windowsユーザーにはファンも多いアプリケーションです。ペンタブレットと使用することでアナログの感覚で絵を描くことができます。私はMacintoshユーザーなので使ったことなありませんが、線が綺麗に描けるという声や、SAIで線を描きPhotosohpで色を塗るという声をよく聞きます。コミックイラストメイキングの本もたくさん出ているので、本読みながら使い方を勉強しやすいアプリケーションです。

<FireAlpaca>
これは個人的に私がオススメしたいアプリケーションです。株式会社 ピージ―エヌが配布している無料のペイントアプリケーション。コミック制作アプリケーションや、有料のイラスト制作アプリケーションも販売している会社です。何と言っても無料。そしてMacintoshでもWindowsでも使えるというのがオススメの理由です。デジタルで描いてみたい人にとって、使いやすくわかりやすいアプリケーションだと思います。ショートカット(キーボードによる機能の割り当て)もAiやPsなどのAdobe社のアプリケーションに近いので、のちにPhotoshopに移行したい人にもオススメです。

ここまで
Vol.1 イラストレーターってどんな仕事?
Vol.2 イラストのジャンルのあれこれ
Vol.3 イラストレーターが使う道具 アナログ編
Vol.4 イラストレーターが使う道具 デジタル編① パソコン
Vol.4 イラストレーターが使う道具_デジタル編3/2 ペンタブレット
Vol.4 イラストレーターが使う道具_デジタル編3/3 アプリケーション
Vol.4 イラストレーターが使う道具_デジタル編3/3-2 アプリケーション
を紹介してきました。

次回はシリーズ最終回です。
⑤社会人になってからでもイラストレーターになれる?を書いてみたいと思います。