artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

大人のためのアートスクール。

「デザイナーのための平面構成」受講生作品について

カラーアンド平面構成生徒作品一覧

ギャラリーページに「デザイナーのための平面構成」受講生作品をアップしました。はじめて平面構成に挑戦するという受講生がほとんどでしたが、とてもいい仕上がりです。コーチのコメントも 掲載されているので、現在予備校で平面構成を勉強中という方も参考にしてくださいね。

<平面構成とは?>
平面構成とは平面上で構成する課題を指しますが、ポスターや絵画も言ってしまえば平面上で構成するわけなので、定義は曖昧です。デザイン・アートの勉強としてはメジャーな勉強方法ですが、一般的にどういうものでなければならない、という決まりはなく、何のための修練なのかによって、課題や評価が変わります。artgymでは「自分の視点を高めること」と「視点を伝達すること」の2点の修練として平面構成を行っています。何を思い描いているのか、またどう伝えたいのかをコーチと面談しながら詰めていく過程で修練を積んでいくので経験者はもちろん全くの初心者の方も安心してチャンレンジできます。

<受講生作品の課題詳細>
お題:「各々が設定した色を1色選び、その色から各自連想するイメージを平面構成せよ」
条件① 使用する色は、午前中のカラーの授業で選んだ6色とする。
※今回は色のワークショップとセットになっていました。
条件② ①の例外として、2色までなら新たに色を追加できる。
条件③ 円の中に配置すること。
条件④ 鉛筆で下書きし、コピックマーカーで着色すること。
条件⑤ 2時間でアイデア出しから完成まで仕上げること。

受講作品はこちら