artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

大人のためのアートスクール。

5-001

今月のデッサンテーマは「光と影」です。そのモチーフのひとつに骸骨がセッティングされています。ライティングされた骸骨は何とも描き甲斐のあるモチーフで人気です。骸骨と言えば16~17世紀の西洋絵画では「ヴァニタス」というジャンルの静物画で「人生の空しさ」の象徴として多く描かれました。

①ピーテル・クラース「ヴァニタス」1630年 がっつり骸骨です。
①ヴァニタス
 
②エヴェルト・コリエ「ヴァニタス」1669年 こっそり骸骨です。(どこにいるか分かりますか?)
②ヴァニタス
 
その他色々あるので皆さんも探してみてください。

さて、こちらの骸骨は真鍋コーチの参考作品です。グレーの画用紙(マーメイド)に白の色鉛筆(カリスマカラー)だけで描かれた、いわゆるキアロスクーロ(有色地デッサン)です。この描き方もとっても勉強になるので、皆さんも鉛筆デッサンの後に是非試してみてください。
5-001