artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

大人のためのアートスクール。

石膏デッサンの手順を考える

立体感_石膏

デッサンを描く手順にお作法はありませんが、効率の良い手順があります。特に石膏デッサンをする場合、似ているかどうか?がとても気になります。似ていないままに立体感や明暗を表現しても、残念な仕上がりになってしまいます。そこで、効率の良い(であろう)手順についてまとめて見ました。5月からはレイアウトを見直して5名は同時に描けるようになります。ぜひ初めてみてください!*画用紙はB3やF8以上がオススメです。(コーチ/芹田)