artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

大人のためのアートスクール。

6/10レッスン後記

0610

今日も受講生の皆さんは、奥深いデッサンに挑戦されていました。そこで質問です!
3次元(立体)のモチーフを2次元(平面)の紙の上に描くことって、そもそも次元が違うわけで、そのへんどうすればいいんだ?!って思う方はいませんか?モチーフを見て描く場合、『見えている色を写し取る作業』に落ち入りやすいのですが、じつのところ、モチーフの構造や質感、置かれている状況といった情報を紙の上に再現するように構築する、に近いかと思います。
アトリエにはコーチが描いたデッサンが数多くありますが、それらにはコーチがモチーフから読み取った情報が再現されているのです。(コーチ/末宗)