artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

大人のためのアートスクール。

7/15 レッスン後記

1622D0FB-38CD-4A2A-8BB5-DE052F0AC864

今月のテーマは光と影ですが、その中でも一見簡単そうに見えて難しいのが球体です。テキストを参考にしていただければ簡単に立体的になるのですが、それと同じような陰影を実際に再現するにはライティングを完璧に整えねばなりません。実際は午前と午後で太陽の位置が変わって光が変わったり、モチーフ周りの状況によっては目の錯覚まで引き起こします。ではどうするのか?見えているモチーフの明暗のバランスを絵の上で整える作業が必要になります。こちらは今日描いてた方の作品です。ゴロンとした立体感がよく表現されています。一度、この感覚がつかめればスラスラと立体的に描くことができます。是非チャレンジしてみてください。(コーチ/芹田)