OCHABI artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

美術学校がつくったアートのジム

2019_07_空間_中級①

パースという言葉を聞いたことがありますか?パースとは透視図法のことです。なんだか難しそうに感じますが、遠くのものが小さく、近くのものが大きく見える。という一見当たり前のことを技法化したもので、知っていると非常に描きやすくなるものです。デッサンの場合は1点透視や2点透視を使って描く場合が多いです。7月のテーマは「空間(パース)」です。(コーチ/芹田)