OCHABI artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

美術学校がつくったアートのジム

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

IMG_6142

みんなのミュシャ、行ってきました。相変わらず美しい・・・・とため息をついておりましたが、いつもと違うのはミュシャ様式を取り入れたその後の作家の作品が多く展示されていることです。

ミュシャが再評価された60年代以降、ミュシャに影響を受けたアーティストがライブのポスターやレコードのジャケットにミュシャ様式を取り入れた作品が紹介されていました。ジミ・ヘンドリックスやピンク・フロイド、ジェファーソン・エアプレインなど・・・・ロックとミュシャの融合を目の当たりにしました。(かなり不思議な様相になっていましたが!)

あとはアメコミに取り入れられたミュシャ様式、日本のマンガに取り入れられたミュシャ様式・・・・姿を変えながらミュシャへのリスペクトを感じられる作品ばかりでした。

私が心に残ったのは、「ミュシャにとってドローイングとは、物事を観察して理解する過程である。」みたいな一文です。(ちゃんと合っているか分かりませんが)ちなみに今回の展示では、一部のエリアで撮影可能ですよ!※見入っていたので撮り忘れましたが。

ただ、ものすごく冷房が効いているので冷え症の方はブランケットを入口で借りると良いと思います。サンダル&素足はもう、、、足が凍りついてしまいますのでご注意を!そして出口に物販コーナーがありますが、かなりの種類があるので楽しめると思います。9月末までの展示です。皆さん是非!

【会期】2019年7月13日(土)~9月29日(日)
【会場】Bunkamura ザ・ミュージアム
【詳細】https://www.ntv.co.jp/mucha2019/