OCHABI artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

美術学校がつくったアートのジム

石膏ワークショップ

IMG_4733

IMG_4736 IMG_4738 IMG_4741

先日の石膏デッサン集中講座 基本構図と光の印象の制作風景です。午前中は座学で石膏デッサンにおける構図の考え方入れ方、大きな形の捉え方、大きな光と陰の捉え方を勉強しました。今回からコピックを使用し、より光と陰の印象をつかみやすくなりました。午後は午前中に学んだことの実践編、石膏クロッキー+光と陰の印象づくりです。大きな画面を全体的に捉えるために長い棒の先にペンを取り付け、常に離れた状態から描けるようにしました。初めて石膏を描く方もすんなりと全体感が掴むことができました。ペンのクロッキーである程度全体が見えてきたら、薄い墨汁とスポンジ刷毛で光と陰の印象作りです。硬筆素材ではなかなか大きく色が載せられないので幅10cmの刷毛を準備しました。こまごま色をのせるのではなくて、一気に色が付いてくれるのですぐに印象に近づくことができましたね。そしていつも使わない素材だったので、なかなか楽しい。3時間のクロッキーで8〜10枚ほど描くことができました。今後も行う予定なので、興味のある方は是非ご参加ください〜(コーチ/松枝)