OCHABI artgym|美術学校が作ったアートのジム

美術学校がつくったアートのジム

スクラッチ画ワークショップ~後記~

IMG_20200116_123110

IMG_20200116_123157

IMG_20200116_123045
 

スクラッチ画は、削りながら光を捉え立体感を作っていきます。いつも描いてるデッサンとバリューの関係が逆転するため、黒画用紙に白鉛筆で球体を描き、ウォーミングアップしてから作業に入りました。光の形を削っていくスクラッチは、手を加える箇所がデッサンとは多少異なります。明るい(光)部分を描き進めていく中で、デッサンの時もこれだけの手数を明るいトーンに入れられたら立体感に繋がるとの話も出ていました。塗るのではなく、ハッチング(線の集合体)/タッチをデッサンに取り入れてみたい!といった方にもおススメです。興味のある方は次回ご参加ください。(コーチ/根本)