OCHABI artgym|美術学校が作ったアートのジム

美術学校がつくったアートのジム

お菓子を描く、色鉛筆デッサンワークショップ~後記~

クッキーを描く

今回は質感の異なる二種類のお菓子を用意してみました。手触りをオノマトペで表現するなら、クッキーは「サラサラ」チョコレートは「ツルツル」でしょうか?質感の違いを色鉛筆で表現するには、塗り方の密度を変えるのがお勧めです。始めに、質感と色作りの実験を行ってから本番に入りました。柄入りのペーパーナプキンも用意したので、描くのが皆さんとても大変そうでしたが、全ての柄を描かなくても素敵に見える絵作りの話などもしてみました。カラフルで可愛らしい作品が沢山出来て、楽しい講評となりました。色鉛筆は描き心地が鉛筆デッサンに似ているので、色にチャレンジしてみたい方にはお勧めの画材となってます。ご興味ある方は、次回のご参加お待ちしております。(コーチ/根本)

_クッキー3

クッキー1

クッキー2