OCHABI artgym|美術学校が作ったアートのジム

美術学校がつくったアートのジム

オンラインで平面構成

平面構成記事-top

先日のオンラインWS(平面構成)のレポートです。課題は「任意の漢字と矢印」、ラフスケッチを完成させるまでです。授業の初めに平面構成とは?デザイン的思考とは?のレクチャーをし、参考作品を読み解きました。アイディアをどう伝えるか、どう見せるかを洗練していく。この洗練していく作業がこのWSの最大のポイントになります。画像はコーチ作品、「吸」を選び、口の部分に吸い込まれていくアイディアが浮かびました。漢字の形やアングルにこだわり、洗練していきます。矢印は吸い込み口の漢字の端と融合させました。このような流れでコーチと相談しながら構成を考えていきます。今後も開催されますので、次回 是非チャレンジしてみてください。(コーチ/松枝)
7月のワークショップはこちら

平面構成記事_1