artgym| 社会人のためのデッサン・デザイン・アートスクール

大人のためのアートスクール。

artgymについて

artgymについてTop170615あなたの「描きたい!」に応えます。

OCHABI artgymはだたの絵画教室ではありません。アート・デザインの基本であるデッサンを中心にモノの観方や考え方を学べる“おとなのためのアートスクール”です。

 

OCHABI artgymで学べること

OCHABI artgymのレッスンは、モチーフをしっかり観ながら描く「デッサン」を中心に進みます。「まずは絵を描いてみたい」という初心者の方から「もっと上手くなりたい」という経験者の方までコーチが丁寧にサポートします。論理的に解説するレクチャーで、どなたでも理解しながら描くことができます。
artgymについて_学べること
月ごとのテーマに沿ったモチーフがレベル別にセッティングされているので、自分のレベルに合ったモチーフを描きながらデッサン力を身に付けることができます。2017年4月個人プログラムHP素材-46
また、レッスンの他にイラスト・デザイン・発想力・人物デッサンなど様々なテーマでワークショップが設定されています。レッスンで「デッサン力」を磨きながら他ジャンルに挑戦できるのも特徴です。artgymについて_カリキュラムリンク

ページTOPへ↑

学ぶ環境

広いアトリエ、高い天井など「描く」ことに適したアトリエをご用意しています。また、学内には受験生や専門学校生の作品が展示されていたり、年間を通してイベントが行われているので、常に刺激のある環境となっています。


OCHABI artgym外観とアトリエの様子

学内以外に周辺環境も魅力の一つです。御茶ノ水・神保町界隈には画材店や古書店、楽器店や趣のある喫茶店などが点在し散策には事欠きません。最新の高層ビルから歴史的な建造物が混在する景色は、皆さんのインスピレーションを刺激するものでもあります。


左上:OCHABIギャラリースペース 左下:屋上からの景色(聖橋方面) 右:向かいのスターバックス

ページTOPへ↑

代表の挨拶

「描ける」ことは、ち・か・ら

DSC_6029
OCHABI artgym代表 服部浩美

私たちは本来、日々いろいろなことを感じ、考え、こうあって欲しい、こうあったらいいなと思い、そのありようを想い描きながら生きています。しかし、毎日の生活が習慣化され、いわば惰性の流れの中でマンネリ化し、また会社でも目的や目標がいつも眼前にあるので、身動きが取れない状況になって、新鮮な気持ちや姿勢でモノゴトを見る眼を失いがちです。

そういう状況から脱皮するためには、「原点」に還れ、君の「夢」は何だったの?本当に「やりたいこと」は何なの?ということがよく問われます。自分の夢も、会社の将来像も、ビジョンはすべて「描く」といいます。もしかして自分がワクワクドキドキできないのは、今のパターン化された流れの中で、今ある現実の「描き」が弱かったのかも知れない。これからをちゃんと「描いて」いなかったのかも知れない。だからよく見えていないのかも知れない。「よく見える」ようにするには「描く」ことから始まります。描けば描くほど見えてきます。絵の評価基準は上手か下手かではありません。どれだけ良く見えるようになり人に伝わるかです。

OCHABI artgymでは、すぐ伝えられる絵が描けるようになります。

絵を科学的に分析した論理、手法によって理解と表現力を高めます。絵を通してコミュニケーションが活性化し、共通の理解が進みます。発想が豊かになります。新たなアイデアが沢山生まれます。クリエイテイブの基本はあなたの「新たな世界を描く」ことです。仕事に生かしたい人、趣味で描きたい人、初めての人も経験者も問わず、「絵」=「ビジュアル」を通してクリエイテイブしたいすべての人を対象に開講しています。

さあ「描く」ことを今からはじめ、ともに新たな世界を描いていきましょう。

ページTOPへ↑

ロゴについて

ーすべては一本の鉛筆からはじまるー 佐藤可士和
どんな有名なアーティストやアートディレクターであっても、アイデアを現実にする時は、ただ一本の鉛筆を持つことから始まります。線を自由に走らせることはクリエイティブに生きることの始まりです。OCHABI artgymは「いつでもどこでも鉛筆1本あれば、誰でもクリエイティブな時間を創ることができる。」という思いを、このロゴに込めました。
ページTOPへ↑